神戸市西区の医療法人 ありせファミリー歯科 院長ブログ
医療法人社団ありせファミリー歯科

2020.07.17

縄文時代の抜歯の風習

縄文時代の抜歯の風習

中学校の歴史の授業で、習ったご記憶のある方もおられるかもしれません。
縄文時代の日本列島に住む人たちの間では、歯を抜く習慣がありました。

健康な歯を何らかの目的で抜いていたようです。
その目的はいまだに解明されていません。

わかっていることは、
①一定の年齢に達したら、男女ともほとんどの人が行った。
②縄文時代を通じて日本列島全体で行われた。
③歯を抜く部位や本数は、明確なルールが存在した。
抜歯のルールは、基本型は一つで、そこから派生した変形型が2系統ある。
④2つの系統の人たちは、同じ村で暮らしていたが、食べていたものの種類や身につけていたものの種類が分かれていた。
また、死後に埋葬される際も別々の場所に分けられていた。
⑤弥生時代にも。一部で見られたが、厳格なルールは守られなくなっていた。
⑥30才程度の人骨で、死の直前または死の直後に抜歯された例が1例ある。それは、本来の歯の一つとなり、左上側切歯で、しかもちゃんと抜けずに歯冠で割れていた。

ありせファミリー歯科のすぐ近くの弥生時代の遺跡からは、抜歯の施された人骨が発見されています。


歯科医師の立場で考えた場合、抜歯にはそれなりに納得のいくような実用的な理由があったのではないかと想像してしまいます。

縄文時代の人の歯には、物を噛み砕く以外に、何かしらの道具として使われた形跡とされる咬耗(こうもう)が著しいとされています。

糸をよったり、皮をなめしたりする用途だと想像されていますが、はっきりしたことはわかっていません。

現代人の私たちよりも、ずっと歯を利用していた縄文時代の人たちが、たいした理由もなく、
わざわざ抜歯をしたとは、わたしは考えにくいと思います。

隙間を開けることが、特定の作業に、必要だったのか、もしくはやりやすくなるのではないか。また、それは大人になったら、誰もがしなくてはならない作業だったのではないか。


それが、どんな作業なのか、いろいろと考えてみるのですが、なかなか答えは出ませんでした。

最近になって、自分なりの解答を思いついたので、次回の記事にまとめようと思います。

ブログ一覧に戻る